九州環境教育ミーティングについて
KEEMƒlogo
<目 的>
「九州環境教育ミーティング」とは、
主に九州各県(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)で
環境教育、環境保全、地域づくりなどに関心のある個人・団体・企業・行政などが交流し、
お互いに学びあう出合いの場を創ることを目的とした行事です。

<主催者>
•「九州環境教育ミーティング」の主旨に賛同する有志の集まりである
「九州環境教育ミーティング実行委員会」が、
(社)日本環境教育フォーラムなどの協力を得て主催しています。

<開催時期と開催場所>
•例年、3月上旬の土・日曜日の1泊2日の日程で開催しています。
開催場所は毎年変わりますが、多くの場合、
各地の「青年の家」などの宿泊可能な公共研修施設を会場にしています。

<主な内容>
•話題提供(基調講演)とシンポジウム、
各分科会に分かれての体験活動や意見交換、
交流会などが行事の主な内容です。

<参加資格>
•いくつかの条件は設定していますが、
基本的に環境教育に関心のある方ならどなたでも参加できます。

☆☆

基本理念
九州環境教育ミーティング実行委員会 設立主旨
〈1〉九州環境教育ミーティング実行委員会(以下、「ミーティング実行委員会」という)は、
平成9年から平成11年3月までの3年間に渡り活動してきました
大分県主催「久住高原環境教育ミーティング」の実働部隊であった実行委員会の実績と成果を、
官民の関連団体の合意のもと平成11年度から引き継ぐことになったのです

〈2〉ミーティング実行委員会は新たな民間主体(主に久住高原環境教育ミーティングにより培われた、
原則として九州地域を中心とした環境教育に
関心、興味を持つ団体・個人のネットワーク)の実行委員会として
平成11年6月に設立されました

〈3〉ミーティング実行委員会は、別紙の規約に基づいて
原則として九州地域で活動をする、幅広い環境教育に
関心・興味を持つ団体・個人の“交流促進”や
環境関連のグループ、学校、行政、企業などの
“環境教育活動の支援”となる研修会などを含む
年度ごとの「九州環境教育ミーティング」開催を柱に
そのための綿密な準備会を実施しています

〈4〉ミーティング実行委員会は、以下の3つをコンセプトとして
(社)日本環境教育フォーラムと歩調を合わせながらも、
実行委員会の組織形態をとり、
将来的には九州独自の環境教育関連組織に発展させていきたいと考えています

(1)“ゆるやかで実りのあるネットワーク”の構築
原則として九州地域を中心とする環境教育に関心・興味を持つ
団体・個人のゆるやかでかつ実りのあるネットワークの構築を目指します

(2)“多様な立場”の人々が共存できる“開かれた環境教育の場”の創造
多様な組織(市民グループ、学校、行政、企業など)や多様な個人
(例えば新人からベテランまで)に常に開かれたミーティングを目指します

(3)“ニュートラル”の保持
多様な価値観の人々が集い、しかも互いの価値観を認め合えるような
交流や研修の場を実現するために
常にニュートラルな立場を保持しています

☆☆

実行委員会
九州環境教育ミーティング実行委員会は
九州環境教育ミーティングの全運営・開催準備を行うために設立された民間団体で
その主旨に賛同する個人や団体の代表者によって組織されています
規約にもとづき、代表者1名と事務局長1名(各任期2年)を置き
また事務局長を中心とした実行委員で構成された事務局を設置しています
また必要に応じ、大会開催地での受入れ準備のための大会事務局を設置する事があります

九州環境教育ミーティング実行委員会 
代表 浜本奈鼓(はまもとなこ)
鹿児島県姶良市在住
NPO法人くすの木自然館 代表理事
http://kusunokishizenkan.com